着物買取でプチおこづかい!着物買取の相場と傾向

着物を売る時は相場を知っておこう

着物を売るなら、まず相場をある程度把握しておきたいですね。どの程度が相場なのか知っておけば、査定額が低いのか高いか判断しやすくなります。そうすれば、安く売ってしまった何て失敗もなくなりますよね。
着物は色々な種類があるので、それぞれ相場も変わってきます。振り袖や訪問着などなら1万円程、小紋や名古屋帯なら6千円程が相場となっています。帯締めや帯揚げは幅が広く、数千円から2万円程が相場ですね。ただこれはあくまで平均的な買取額なので、貴重な着物ならもっと高く買い取ってもらえる事もあります。例えば有名な作家や職人の作品、有名な染織物などは一気に買取額も上がりますね。自分の着物がどの程度で売れるか、不要な物があるなら査定に出してみましょう。

高価買取りしてもらえる着物の傾向は?

着物を売る時に、少しでも高く買い取ってもらいたいと思う人は多いですよね。高い査定額がつく場合、いくつか傾向があるのでそれを知っておくと良いですね。
まずただ着物を売るだけでなく、和装小物なども一緒に査定依頼すると、高い査定額がつく傾向があるんです。大抵の着物買取店は、下駄屋旅、かんざしなどの小物も買い取ってくれます。まとめて査定に出せば、多少の色をつけてくれる場合があるので、不要な物はまとめて査定に出すようにしましょう。
また専門的な買取店の方が、高い査定額を出してくれる傾向があります。専門業者の場合、着物に関して豊富な知識のある鑑定士さんがいるので、しっかり着物の価値を分かってくれるんです。特に貴重な着物の場合は、そういった業者を選ぶほうが安心ですね。